スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR600RRレースベースと国内仕様、逆車の違い

先日08年国内モデルに乗ったと書きましたが、その後ものすごくPC40が欲しくなり調べてしまいました (笑) サーキットを走っている時は新型に嫉妬することは一度もないのですが、公道だとなぜか欲しくなります♪

で、実際足付きが良すぎるけどコース上で攻めた時どうなんだろう?って思い調べました。そしたら、Hondaの割り切りっぷりに関心してしまいました。03年PC37ではレースベースと欧州仕様の違いはほぼ無いんですが、PC40以降はレースベースと欧州仕様でかなり違うんですね。(取り留めのない変更点は省略)

'03年レースベース('03年逆車との違い)
  灯火器類の有無
  前後サスペンションのスプリング
  ECU
  前後タイヤ
基本的にこれだけ。


'10年レースベース('10年逆車との違い)
  灯火器類の有無
  フロントブレーキがフローティング加工・厚みup
  前後タイヤ
  メーター類(ラップタイマー機能、タコメーターの表示レンジを変更)
  ECU(専用設定に変更し、ピットレーンスピード制御機能を追加)
  ハーネス
  排気系(キャタライザー廃止)
  フロントサス(チタンコーティングを施し、カートリッジ、オイルを専用設定)
  リヤサス(スプリングアジャスター、車高調整機能を追加し、専用設定)
  ステアリングダンパー(電子制御機能を解除し、マニュアルに変更)
また、リヤサスの車高調整機能を最もローダウン側にしても公道用600RRより車高が高くなるそうな。公道用とレースベースでここまで変えていることは、Hondaが「誰でも楽しめる」を追求した形だと思います。こういった取り組みは好きです。だけど、トランポを持っていない自走組にはちょっとだけ悲しいです(笑)

もし自分がPC40を買ったらリヤサスだけ交換して、ステダンの効き具合調整をアフターパーツで行うのがコストパフォーマンスが一番良いかな。パワーの差がタイムに影響しないレベルの走行しか出来てないし・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
プロフィール

まっしゅ

Author:まっしゅ

最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。