スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波サーキットで熱中症、言い訳ざんまい日記

ducati749

走行日時: 2010年8月1日 L1 L2 L4
気温: 35.9 ℃(L1のとき)
路面: 52.8 ℃、 ドライ

こんにちは。筑波サーキットにてファミリー走行をしてきました。
今回は新品タイヤBT003ストリート、ハイスロの導入、ドリブンスプロケを純正の41から43に変更での走行です。いろいろ変更点があり、戸惑いが沢山ありました。

初めに、ハイスロ・・・・これは楽ですね!!!握り直しがまったく必要なしでカパッと開けられました。反面ふだんよりスロットルを回すのに力が必要なんだなぁと実感しました。

次にスプロケ・・・・・S字-1ヘアとCX-2ヘアで4速までひっぱるようになり、シフトチェンジに慣れないですそして、ギヤを変えたときのショックが大きく乗りにくいなぁ・・・・って思ってました。ましたました。。。。帰り途中で、「あ、そーいやチェーンの張りすぎを直すの忘れてた」って思い出しました。ギヤ比変更よりパンパンに張ったチェーンの影響だと思います。


記者「今回のテスト走行ではHonda CBR600RRを駆るロッシはギクシャクしたシフトチェンジに見えましたが、不調の原因はなんですか?」

ロッシ「今回はチェーンの張りが悪かったみたいだね!!!ストリートではチェーンの張りは影響が出ないんだが、加減速の激しいサーキットでは大きく影響が出てしまったよ

記者「なるほど!初歩的なミスということですね。原因は何ですか?」

ロッシ「普段は信頼のおけるメカニックにタイヤ交換をまかせてるんだが、今回は急な火山によりメカニックが到着できなかったのさ。だから近場の用品店で頼んだところチェーンがパンパンに張られており、チェックするのを怠ってしまったのさ。マシンの最終チェックをしないなんて俺はライダー失格だね。」

記者「わかりました。次戦8/7の筑波ラウンドを楽しみにしてます」

ロッシ「ありがとう!!!」


まぁ、こんな感じでした。

そして気温が約36度もあり、集中力がほぼありませんでした。L2では走行開始して15分くらいで戻ってきてマシンを降りてしまいました。ついでにオーバーラン2回、フロント跳ねるが1回あり、もーーーグダグダです

タイム的にはベストの3~4秒落ちでした。

一緒に走ったショーンも同じく3~4秒落ち、トップ画像を駆るドカティスタも数秒落ち、先生はいつも通りツーリング・・・・みんな遅いならしょーがない(笑)

今回は気候のせいで遅かった!!以上www
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
プロフィール

まっしゅ

Author:まっしゅ

最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。