スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっしゅのライディング論 その1ぷらす0.5

すっきり

今日、バスにのりながらフロントブレーキについて考えていたら解がでました。

前回のライディング論で
>3: 弱くブレーキ→強くブレーキと二段回に分けるってよく言われる。バイクも恋愛も同じで急激な動作を破綻を招くと思う・・・カワイイあの子にいきなり告白するよりも友達からはじめよう!!ってこと??
>話がそれましたが、減速状態の時に働いている力は、タイヤと路面の結合力(a)、タイヤを止めようとする力(b)、フロントアクスルがタイヤを押す力(c)の3つだと思います。ブレーキレバーほ引き寄せることでbが0から徐々に増大し、a > b から a < b に変化した瞬間にスリップが発生するのは間違いない。では b = 0 から b = a までにかかった時間はスリップに影響するのだろうか?ここでcが介入してくるんじゃないかな。サスペンションの作用によってcは一定ではなく変化がある。・・・・わっかんねぇ!!!

と以前書きましたが、cによってaが変化することを忘れていました。車体の重みをフロントアクスルシャフトが受け取ると同時にタイヤが潰れていくことで、グリップ力が上がる事を見落としていました。
ブレーキのタイヤ潰れ
タイヤが潰れる前と潰れた後ではグリップできる限界のブレーキ入力量が異なっているのは明らかです。また、同じブレーキ入力量でも、サスペンションの状態によってフロントアクスルシャフトが受け取る重さは異なっています。

結論
サスペンションが縮みきるまではタイヤの接地が薄くてグリップ力が極端に低いため、ブレーキ初期入力はサスを沈ませる程度にしなきゃスリップします。初めてには優しくってことか・・・

やっと感覚を明文化できた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

女を後ろに乗っけたら、常にフルブレーキングだ!!

タイヤと同時にエアバックも使用するんですね!
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
プロフィール

まっしゅ

Author:まっしゅ

最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。