スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR600RR国内08モデルと逆車03モデルの比較

つい先日に08年国内モデルのCBR600RR(以下、08国内)に街中で乗る機会があったので、自分のマシンCBR600RR03年逆輸入モデル(以下、03逆車)との違いを比較したいと思います。

【感じた違い】
1: ポジション
2: トルクカーブの違い
3: ブレーキのかけやすさ(思い込み?)
4: 取りまわしの軽さ

正直、街中でたらたら運転しただけなのでそんなすごい違いはありませんでした。

【条件比較】
・ 08国内はストック状態(リヤプリロード全抜き)
・ 03逆車はTSRステンフルエキ・フロントスプロケを1T下げのカスタム



1: 等速直線走行において、08国内と03逆車はまったく別のバイクに感じるほど違いました。明らかに08国内のほうが跨りやすかったです。特に足付きは天と地の差でした。感覚的な言葉を使うと、08国内の方が体にしっくりくる。しかし、03逆車になれている自分にとって08国内は地面と近すぎると感じました。もし、コース上で本気で攻めたときにどんな風にかんじるのかなぁ?と思います。余談ですが、地面からの遠さはYZF-R6の08年モデルとCBR03逆車が似ています。

2: 03逆車はスプロケを加速よりにしているので、力の強さを比較することはできませんでした。しかし、08国内はものすごく特徴てきなトルクカーブを描いていました。03逆車は1400 rpmから5~6000 rpmまではわりと等加速ですが、08国内は3500 rpmの瞬間にトルクが一気に増えマシンが前へ「とんっ」っと進みました。街中ではダラダラ運転する自分にとってこのトルク増大は少し邪魔かな?って思いました。これはHONDAによる味付けなのかなぁ?よく言われる逆車は低速トルクがすかすかで、国内はトルクがあるって言われるゆえん?

3: ブレーキのかけやすさはねぇ。。。。03と08ではブレーキが違うんですよ。07以降はラジアルキャリパー・・・盆栽だ―としては羨ましいかぎりです(笑)めっちゃメンタルに効いてブレーキがかけやすく感じました。
と、言いつつ比較対象が悪すぎるだけなんです;;; 熱でローターが若干歪み、かつ03年生まれのお爺ちゃんキャリパー vs. ハードブレーキ未経験のローターかつ、新車9000 kmの08年モデルの若いキャリパー。 そりゃねぇ (笑)

4: 08国内かっっるいわ~~!!!と心の中で叫びました。特にサイドスタンドで停車状態から起こすときに、プリロード最弱も手伝ってものすごく軽く起こせました。どちらかと言うと重量差による体感よりも、セッティングやハンドル位置によって感じた軽さかな・・・・

いつか07以降の600RRで筑波を走ってみたいなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
プロフィール

まっしゅ

Author:まっしゅ

最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。